走れるシェフの料理とたまにワイン

アスリートフードマイスター、ソムリエ、シェフ、趣味でマラソンやってます!

大麦の力

Kazuyuki たった今、18.15 kmのRuntastic ランニングを1h 42mで終了しました。

https://www.runtastic.com/sport-sessions/1141900086


大麦とアボガド、海老のサラダ


大麦とトマト、サーモンのサラダ

牡蠣と大麦、ポルチーニのリゾット

数ヶ月前から食事の後すぐに手足が痒く、赤みを帯びることがあり、
先日、食物アレルギーの血液検査をしました。

結果、食物はもちろん、ハウスダストや杉など一通り反応なし。

医者からも「君は、全然アレルギーないねぇ。」の一言。

「でも、コレステロール上がり続けてるね。心筋梗塞まっしぐらだよ。」

「ここまできたら、食生活では落ちないから薬飲みな!」

「走ってる途中に、急に苦しくなって救急搬送されちゃうよ。」
という脅し文句。

ついでに、尿酸値も7.6
尿酸値下げる薬も頂きました。

食に関わる仕事をしていながら、そして、アスリートフードマイスターの資格をとっていながらなんて情けない。

という事で、薬は飲みつつも、コレステロールを下げつつ、エネルギーをしっかり摂る。そんなメニュー、食材を

「大麦」~押麦、米粒麦、丸麦など
特徴:野菜類以上に食物繊維がたっぷり含まれていること、白米の約20倍。
白米は外皮に食物繊維が集中している為、精白すると減ってしまうが、大麦は粒の中まで食物繊維が詰まっているので、精白しても食物繊維たっぷり。

そして、水溶性食物繊維が多い。
食物繊維が豊富な野菜や豆、芋などに多く含まれるのは不溶性食物繊維



<水溶性食物繊維の効果>
・糖の吸収を抑えて血糖値の急上昇を防ぐ
脂肪の吸収を抑えてコレステロール値が高くなるのを防ぐ
・腸内細菌の餌となり、腸内環境を整えて免疫力アップ



<不溶性食物繊維の効果>
・便のかさを増し、腸の動きを良くして排便を促す。
・腸内の有害物質が長く留まるのを防ぐ。

こんな、素敵な食材

多めに茹でて、冷凍保存もできるし、1日2食の白米の3割を大麦に変えて炊くのでも、足りない食物繊維を補えるようです。

糖質カットのダイエットでは、必要なエネルギーの確保が難しく、運動習慣のある方にとっては思うような結果がでなかったり、体調を崩してしまうこともあります。

大麦の摂取によって、血糖値の上昇をゆるやかにし、脂肪の吸収を抑えることで余分な内臓脂肪が減り体重のコントロールをしつつ、糖質もしっかり摂れる。

現代病予防や改善にも役立つようです。


アディゼロ ジャパンブースト2購入しました。

去年のミズノがすごい軽くて、膝への負担も無く良かったのですが、今回は少し靴底の反発を試してみようと、

富士五湖118キロをどう走りきるか、足を最後までキープする為には、靴の反発に助けてもらおうと。

今年入ってから、足首の痛みがずっと残っていて、練習も控えていたのですが、もうそろそろ身体作り再開しないと。